2018年1月22日(月) 05:28 JST

「仏のいのちの展開」 (多摩川のほとりにて20)


教化部長 久都間 繁

 終末論は、世界の終わりを告げる教義とされているが、かつて大学で西洋思想史について学んでいたとき強く印象に残ったのは、「キリスト教文化圏(西洋)に住む人々の時間は、一直線に終末へと向かって流れている」という、驚くような時間感覚だった。つまり、すべての人生が、歴史が、森羅万象が、終末へと直線的に突き進んでいて、その「時が来る」と、神による最後の審判が行われ、善き者は天国へ、悪しき者は地獄へ赴くというものだ。

 一方、日本や東アジアにおける伝統的な時間感覚は、現代では見え難くなっているが基本的には循環(じゅんかん)型である。春夏秋冬のようにぐるぐると廻るのだ。例えば一年は元旦から始まり十二月の除夜の鐘(かね)とともに往(ゆ)き、年が明けて日の出を迎えて新生する。また干支(えと)も子丑寅(ねうしとら)…と十二年で一周し、さらに六十年を経ると還暦(本卦還り)となる。また、人の一生も死によって終わらず、輪廻転生(りんねてんしょう)を繰り返し生まれかわるとされている。また現世における家督(かとく)や公的な事業も、次世代へと代々受け継がれて更新する。これは自然のいとなみと共に無限生長を持続する循環型の時間である。

 私たちは「時間」をどのように観るかによって、それぞれの価値観や生き方が決まる。道元は、時間を「いのち」と観ていた。時間を物質空間を流れる単位と見るのではなく、森羅万象(しんらばんしょう)となって現れる〝仏のいのちの展開〟として拝んだのである。そのような生命の時間における人生は、たとえ躓(つまず)きや失敗があったとしても、何度でもやり直しや挑戦ができる生命顕現の〝場〟となり、すべてが生長の糧となる。が、終末的な直線時間の場合はそうは行かないだろう。

 あまり意識されることはないが、生長の家の運動方針は、国際本部の〝森の中のオフィス〟移転とともに暦(こよみ)のように一月始まりで十二月終わりとなる循環型へと変更された。これは、ある時点での「数」という結果を求める目的優先で直線的な運動から、「自然と共に」いのちを展開する循環型の運動へと、運動の時間軸が変化したことを意味している。

 「自然と共に伸びる」ことに重点を置いたことは、信徒行事要目における「一切の人に物に事に行き届くべし」という信仰の原点への回帰であり、人間のみならず「天地一切のもの」を救わずにはおかない神の愛、仏の四無量心が運動の核心部分として顕れたのである。つまり、慣習によって進められてきた「目標数」の達成という目的優先(三次元)の運動から、神・自然・人間の大調和を目指した生命的な意味優先(七次元)の運動へと根源的な転換を遂げたのであり、それは十把一絡(じゅっぱひとから)げ的な運動ではなく、森羅万象とともに神のいのちを生きる、愛と祈りを成就するための運動となったことを、あらためて思うのである。私たちはここに起ち、講習会を仏の慈・悲・喜・捨の〝いのちの展開〟として、天地一切のものとともに推進する。そこから過去・現在・未来のすべての時間が成仏するのである。

  • 2017年11月13日(月) 17:13 JST
  • 投稿者:
    stuff

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

QRコード(携帯サイト)

QR code


生長の家について

はじめての方は、 「生長の家とは」 をご覧ください。